履歴書のいい書き方

履歴書の書き方を改める

履歴書の志望動機の書き方

いい求人を見つけた時にはぜひ採用されたいものです。履歴書で差をつけて面接に繋げたいものです。履歴書における志望動機の書き方の注意点としては、採用担当者に、自分の動機を明確に伝えることです。採用担当者にとっても、この会社の求人に募集した理由が何かということは、とても興味があることです。この会社に魅力を感じた理由はどの部分なのか、自分がこの会社でどのような仕事をして、どのように会社に貢献したいのかを具体的に書くことです。抽象的な言葉では自分の気持ちが伝わりません。面接の際に志望動機について質問を受けた場合でも、きちんと受け答えが出来るように考えを整理する事も大切です。

履歴書の志望動機を工夫

求人を見て連絡をとった後に必ず履歴書が必要になります。その中の志望動機は会社に興味を抱いたきっかけとどのように思ったか、なぜその会社で働きたいのかとなぜその企業でなければならないのかを書きます。漠然とした内容や、受け身な書き方や内容ではなく、働く意欲を見せることが大切です。志望企業の商品やサービスを利用したり、パンフレットやちらしを収集したり、店舗見学をすることで見えてきた接点から、どのような仕事で貢献出来るのかを見付けることから始め、説得力のある志望理由を作り上げます。求人募集からすぐに面接に挑むのではなく、下準備が出来ているかで結果が変わります。

↑PAGE TOP

Copyright © 履歴書の書き方を改める. All rights reserved.